Nature
植物記
<<前のページ | 次のページ>>
ハクサンシャクナゲの八重咲品
ネモトシャクナゲ

ツツジ科
Rhododendron brachycarpum f.nemotoanum
…………………………………………………………………………………………………

 ネモトシャクナゲはハクサンシャクナゲの八重咲き品種で、本来の花冠の中に雄しべに由来する花弁状のものがあり、まるでスイセンの副花冠のようにも見える。福島県・吾妻連峰のシンボル的存在で、同時に福島県の県花にも指定されている。「ネモト」は発見者の恩師の名前に由来し、吾妻連峰では所々に自生しているが、普通のハクサンシャクナゲ(ケナシハクサンシャクナゲ)の方が圧倒的に多く、見つけるのは容易ではない。薄紅色のものから白色のものまであり、花期は例年7月上旬。

関連情報→本サイト植物記「キバナシャクナゲ」「アマギシャクナゲ」「ハクサンシャクナゲ」「ホソバシャクナゲ」「ホンシャクナゲアズマシャクナゲ


吾妻連峰のシンボル・ネモトシャクナゲ



  
 CONTENTS