Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
ふたつの白い苞に包まれた
双苞ミズバショウ

サトイモ科
…………………………………………………………………………………………………

 長野県や福島県には白い仏炎苞をふたつもつ双苞ミズバショウ自生地がある。これをミズバショウの一品種とみなす考え方もあるようで、発見地の地名をとってオチクラミズバショウという名前もつけられているが、普通のミズバショウ群生地でも、稀に双苞ミズバショウを見つけることがある。写真下は新潟県の湿原で撮影したものだが、この株以外には双苞個体は見られず、明らかに奇形と思われる。ほかにも私は秋田県の湿原でも同様な事例を見ているが、これもやはり奇形だろう。双苞ミズバショウの自生地の場合は、当然栽培試験などをした上で、環境変異ではないことを確かめているはずだから、品種扱いになったのだろうが、品種のレベルなら、いくらでも名前をつけられるから、それ自体は珍しくもない。



長野県白馬村落倉のオチクラミズバショウ


新潟県の湿原で見つけた双苞ミズバショウ

  
 CONTENTS