<<前のページ | 次のページ>>
中部地方に分布するコバイモのなかま
ミノコバイモ
ユリ科
Fritillaria japonica
…………………………………………………………………………………………………

  本州東海・北陸地方〜中国地方(岡山県)に分布するユリ科バイモ属の多年草。山地や里山の林縁などに生える。漢字では「美濃小貝母」。高さ10〜25センチ。対生する葉と3個の輪生する葉が付く。3〜4月、茎先に淡褐色の角張った鐘形の花を下向きに開く。花被片には紫褐色の網目模様がある。

 写真は、三重県いなべ市の鈴鹿山脈・藤原岳で見かけたもの。聖宝寺道で気づいた範囲では写真の株だけ。大貝戸道では見つけられなかった。

関連情報→本サイト植物記「コシノコバイモ」「イズモコバイモ」「ホソバナコバイモ



藤原岳・聖宝寺道に咲くミノコバイモ。花は角張った形をしている。



Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

  
 CONTENTS 
 
   
 
植物記