<<前のページ | 次のページ>>
中国・九州地方に分布するコバイモのなかま
ホソバナコバイモ
ユリ科
Fritillaria amabilis
…………………………………………………………………………………………………

  本州(岡山県・広島県・山口県)と九州に分布するユリ科バイモ属の多年草。里山や低山の林縁などに生える。漢字では「細花小貝母」。高さ10〜20センチ。対生する葉と3個の輪生する葉が付く。3〜5月に茎に先に淡褐色の筒状鐘形の花を下向きに開く。中国地方でも岡山県には本種とともにミノコバイモも分布。一方、島根県にはイズモコバイモが分布する。過去には京都府内で採集された記録もあるようだが、その後、絶滅したらしい。

関連情報→本サイト植物記「コシノコバイモ」「イズモコバイモ」「ミノコバイモ



里山の社叢林に生えるホソバナコバイモ。広島県安芸太田町加計


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記