<<前のページ | 次のページ>>
名前は「草木瓜」だが、あくまで木
クサボケ
バラ科
Chaenomeles japonica
…………………………………………………………………………………………………

  バラ科ボケ属の落葉小低木。本州〜九州の山地や丘陵の草地に生える。ボケに似て小さいので「草木瓜」と名付けられたが、草本というわけではない。高さ30センチ〜1メートル。倒卵形で縁に鈍い鋸歯がある葉は互生する。4〜5月、葉腋に直径3センチほどの朱赤色の花を数個付け、両性花と雄花が混じる。秋には3〜4センチの梨状果となり黄熟。よい香りと酸味があり、果実酒に利用される。

 写真は、ヤマザクラが満開になった裏高尾縦走路で見かけたクサボケ群落。朱赤色の花模様がサクラと見事に競演していた。



裏高尾縦走路の斜面に群生するクサボケ(上・下とも)。






Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

  
 CONTENTS 
 
   
 

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記