<<前のページ | 次のページ>>
葉が羽状に裂ける
キクバクワガタ
ゴマノハグサ科
Pseudolysimachion schmidtianum var. schmidtianum
…………………………………………………………………………………………………

  北海道の亜高山帯〜高山帯の砂礫地や海岸の岩場に生えるゴマノハグサ科ルリトラノオ属の多年草。基準標本の産地はサハリン。高さ5〜20センチ。葉は羽状に浅裂〜深裂し、これが「菊葉」の由来。7〜8月、青紫色の花を多数付ける。花冠は4深裂し、濃紫色のスジが入り、長く突き出した2本の雄しべが目立つ。利尻・礼文には全体に白毛が多い品種シラゲキクバクワガタ( f. candidum )を産す。

関連情報→本サイト植物記「ヒメクワガタ」「クワガタソウ



斜里岳山頂付近の砂礫地に咲くキクバクワガタ

 
花のアップ。斜里岳(左)。品種のシラゲキクバクワガタ。礼文島(右)


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記