<<前のページ | 次のページ>>
島根県内のみに分布するコバイモのなかま
イズモコバイモ
ユリ科
Fritillaria ayakoana
…………………………………………………………………………………………………

  コバイモのなかまには、各地にカイコバイモ、ミノコバイモ、ホソバナコバイモなどの種類が知られるが、島根県中央部のみに分布するのが本種である。ユリ科バイモ属の多年草。説明するまでもないが、島根県のコバイモという意味で「出雲小貝母」だ。
 コシノコバイモの花は、花被片上部が直角に曲がった「いかり肩」状で、少し外側に膨らんでいるが、本種の花は鐘形で膨らみもない「なで肩」状。また柱頭もほとんど分裂しないなどの特徴がある。

関連情報→本サイト植物記「コシノコバイモ」「ホソバナコバイモ」「ミノコバイモ



ひっそりと花を下向きに咲かせるのは、ほかのコバイモと同じ。島根県川本町。


花被片は、なだらかな「なで肩」状で紫褐色の網目のような模様がある。コシノコバイモのような顕著な膨らみはない。

  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記