<<前のページ | 次のページ>>
秋の水辺を飾る定番植物
ミゾソバ
タデ科
Polygonum thunbergii
…………………………………………………………………………………………………

  タデ科タデ属の1年草。漢字では「溝蕎麦」。水辺や湿地などの湿った場所に生え、群生することが多い。高さ30センチ〜1メートル。ウシノヒタイという別名もある通り、葉の基部は耳状に張り出し、牛の顔を連想させる形をしている。
 8〜10月に枝先に数個〜十数個の直径5〜7ミリほどの花を咲かせる。花冠裂片の先は紅紫色なので、よく見ると鮮やかだ。果実は、3稜があるそう果。

 一昨年(2013年)の9月末、取材で福井県敦賀市の池河内湿原を訪れると、本種が見事に群生していた。実は湿原や湿地で本種を見かける機会は多く、ありきたりで珍しくもないが、ほかにあまり花がないこともあって、手頃な撮影材料となった。花は小さく、いくら群生していても見栄えは今ひとつだが、花をアップにしてファインダー越しにじっくり見ると、その美しさに惹かれた。ミゾソバってよく見ると美しい…。



こうしてアップにすると、実に美しい花であることに改めて気づかされた。花冠は5裂し、裂片の先は紅紫色。基部は白色。福井県敦賀市・池河内湿原。


長野県上田市・菅平湿原に群生するミゾソバ。

  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記