<<前のページ | 次のページ>>
春の山肌を白く飾る木
コブシ
モクレン科
Magnolia kobus
…………………………………………………………………………………………………

  モクレン科モクレン属の落葉高木で、北海道・本州・九州の山地に分布。高さ15m以上に生長する。3〜4月、葉が展開する前に直径8〜10センチの白色花を開く。花は、よい香りを放ち、花被片は6個あり、外側の3個は細いが、内側の3個は幅が広い。雄しべは黄色で多数。漢字では「辛夷」と書く。
 葉は長さ7〜15センチの倒卵形で全縁。夏に袋果の集合果となり、秋になると裂開し、赤い種子がぶら下がる。

 日本海側には変種のキタコブシ(var. borealis)が分布し、本種よりも花や葉が大きい。また、よく似たなかまにタムシバ( M. salicifolia)があるが、本種は花の下に葉が出るので、これがないタムシバと区別できる。
 さらに1948年(昭和23年)に徳島県の旧・相生町(現・那賀町)で発見されたコブシモドキ(M. pseudokobus)は、本種より花が大きく、花被片の幅も広く、花期も遅いなどの違いがあるが、最初の1株以外、ほかでは見つかっていない。徳島県立博物館サイトのコブシモドキ標本ページには、「コブシに近縁といわれているが、徳島県には野生のコブシはなく、このコブシモドキは3倍体であり、謎である」と書かれている。

関連情報→本サイト植物記「タムシバ



コブシが満開になった広島県三原市・大峰山。近くの龍王山などと同様に山陽自動車道を走行中の車窓からもすぐに目にとまるほど、全山がコブシに覆われて見事だ。



コブシの花。内側の花被片の方が外側のそれよりも細い。広島県三原市



蕾を横から見る。このようにコブシには小さな葉がある。よく似たタムシバには葉がないので区別可。



樹皮は灰白色で平滑。



  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature
植物記