<<前のページ 次のページ>>
コブシに似た木
タムシバ

モクレン科
Magnolia salicifolia
………………………………………………………………………………………………

 タムシバはモクレン科の落葉高木で、一見、コブシにもよく似ている。最もわかりやすい違いは、コブシの花の下には開花と同時に葉を出すが、タムシバにはない点。本州、四国、九州の山地、特に日本海側に多く、5月頃、雪解けとともに直径10センチほどの純白の花を開く。顔を近づけてみると、いい香りがする。また花の中心には赤褐色の雄しべと緑色の雌しべの集まりがある。ところでニオイコブシという別名もあるが、コブシの花にもいい匂いがあるから、これは区別点にはならない。果実は赤い集合果。
 数年前、群馬県沼田市の玉原湿原を訪れると、あちこちにタムシバが白い花を咲かせていた。新緑の森をバックに、白い花が目立ち印象的だった。

関連情報→本サイト植物記「コブシ



満開となったタムシバ(上)と花のアップ(下)。どちらも群馬県沼田市・玉原湿原とその周辺の山で撮影。






北アルプス・白鳥山登山道を飾りたてるタムシバ。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature
植物記