<<前のページ | 次のページ>>
南アルプス南部などに分布する
ヤマイワカガミ

イワウメ科
Schizocodon intercedens

…………………………………………………………………………………………………

 念のために先に書いておくと、全国の山地帯から亜高山帯で普通に見かけるイワカガミ(S. soldanelloides )とは別種である。本種は、南アルプス南部や富士山など、分布は中部地方と東海地方に限られる。
 私は以前から名前を知ってはいたが、先日(2012年5月)、天竜川上流の山で初めて見かけた。稜線の一角にかなり群生しており、早速撮影を開始したのだが、ほどなくポツポツと大粒の雨が落ちてきて、霰も混じり始めたので途中で切り上げた。
 イワウメ科イワカガミ属の常緑の多年草。針葉樹林下に生え、イワカガミやヒメイワカガミが緩い起伏の鋸歯であるのに対して、本種は先が尖った明瞭な鋸歯となる。5〜6月、花茎の先に白花を数個咲かせるが、山梨県南部では紅花品も見つかっており、これをベニバナヤマイワカガミ( f. rosea )と呼ぶ。

関連情報→本サイト植物記「イワカガミ



静岡県浜松市・岩岳山で見かけたヤマイワカガミ。花は白色だが、萼は赤味を帯びる。



葉には先が尖った鋸歯がある。



  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature
植物記