Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
西日本の山に生える花とその変種
イヨフウロとカイフウロ

フウロソウ科
Geranium shikokianum
Geranium shikokianum
var. kaimontanum
………………………………………………………………………………………………

 イヨフウロはシコクフウロとも呼び、東海地方以西の本州と四国、九州に分布するフウロソウのなかまで、大山や剣山、石鎚山など西日本の名山で見ることができる。東日本を代表するフウロソウの代表がハクサンフウロなら、西日本を代表するのが、このイヨフウロ。

 一方、そのイヨフウロの変種が山梨県などに局所的に分布している。それがカイフウロだ。カイフウロの主な産地は、山梨県の三ツ峠山周辺で、名前はもちろん山梨県の旧国名・甲斐に由来。三ツ峠山を8月ころ歩けば、登山道沿いにかなり目につく。カイフウロといえば、三ツ峠山というくらいよく知られているが、実は隣の長野県東部や群馬県西部などにも見られる。


関連情報→本サイト植物記「グンナイフウロ」「チシマフウロ



鳥取県・大山の山頂付近の草原に咲くイヨフウロ(上)と徳島県・剣山で撮影した花のアップ(下)。






山梨県・三ツ峠山のカイフウロ(上)と花のアップ(下)。花だけ見ると違いはわからない。カイフウロは、イヨフウロに比べて全体に毛が少なく、葉の裂片がとがる。




  
 CONTENTS