<<前のページ | 次のページ>>
まるで「釣り針」のような独特の草姿
ツリシュスラン
ラン科
Goodyera pendula
…………………………………………………………………………………………………

 ラン科シュスラン属の多年草。北海道、本州、四国、九州に分布。山地林内や渓谷沿いの樹幹や枝、岩上に着生する。漢字では「吊り繻子蘭」。茎は長さ10〜20センチで下垂し、縁が波打つ葉が互生する。やがて釣り針のように茎は反転して斜上し、7〜8月に多数の白色花からなる花序を付ける。
 写真は、某県某渓谷沿いの高木に着生したツリシュスラン。対岸の林道から望遠レンズで狙うが、距離も高さもあり、撮影は難しい。バルブ+手動シャッターで撮影し、トリミングして拡大した。




高さ30mほどの樹幹に着生したツリシュスラン。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記