<<前のページ | 次のページ>>
地味な高山植物
アラシグサ
ユキノシタ科
Boykinia lycoctonifolia
…………………………………………………………………………………………………

 ユキノシタ科アラシグサ属の多年草。漢字では「嵐草」。北海道と本州中部地方以北の亜高山帯〜高山帯の湿った草地や林縁、湿原、雪田跡などに生える。高さは30〜40センチで、茎や葉には白い腺毛が多い。長い柄がある根生葉が1個付き、腎円形で掌状に7〜9裂し、不規則な粗い鋸歯がある。
 7〜8月、集散状円錐花序に5弁化が多数付く。花弁も萼片も黄緑色で、花弁よりも萼片の方が長い。果実は刮ハ。
 ひとつひとつの花をよく見れば、それなりに美しいが、遠目に見ると地味なので、高山植物として注目されることはほとんどない。




頸城山塊・火打山のアラシグサ。確かに地味だ…。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記