<<前のページ | 次のページ>>
高山帯の木といえば…
ハイマツ
マツ科
Pinus pumila
…………………………………………………………………………………………………

 マツ科マツ属の常緑低木。漢字では「這松」。北海道と本州中部地方以北に分布。高山帯の稜線など、乾燥した風衝地に生える。地面を這うように風下に向けて枝をのばす。葉は5葉性で、縁には疎らに細かい鋸歯がある。雌雄同株。6〜7月、雄花は紅色で新枝の下部に多数付く。雌花は紫紅色で新枝の先に1〜2個付く。翌年の夏から秋にかけて毬果となるが、熟しても種鱗は開かない。
 稜線にハイマツが広がる光景は、北アルプスや南アルプスなどの高山帯を代表する景観といえるが、風の影響が弱い場所では、立ち上がり灌木状になる。




風衝地では、名前の通り這うような樹形となり、カーペット状に覆う。北アルプス・乗鞍岳。



ハイマツに覆われた岩稜。典型的な高山植生といえる。中央アルプス・乗越浄土。


 
鮮やかな紅色をした雄花。やがて黄色い花粉を出す。北アルプス・八方尾根(左)。紅紫色をした雌花。北アルプス・乗鞍岳(右)。



毬果。種鱗は肉厚でぴったりと重なり、熟しても開くことはない。北アルプス・蓮華岳。



這うように風下に向けて枝をのばすハイマツ。上と真ん中の枝は生きているようだが、右側の枝は、まるで屋久島の白骨樹のように白くなり、枯死しているように見える。苛酷な環境下、むき出しの枝が受ける影響のほどが伺い知れる。北アルプス・乗鞍岳。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記