<<前のページ | 次のページ>>
高山帯に咲くリンドウのなかま
ミヤマリンドウ
リンドウ科
Gentiana nipponica
…………………………………………………………………………………………………

 リンドウ科リンドウ属の多年草。漢字では「深山竜胆」。北海道と本州中部地方以北に分布。高山帯の湿った草地に生える。高さは5〜10センチほど。茎の基部は這って枝分かれし、長さ5〜12ミリほどの葉が対生する。
 7〜9月、茎の上部に青紫色の花を数個、咲かせる。花冠の長さは1.5〜2センチ。先が5裂し、各裂片の間に小さな副片が付く。
 変種として、飯豊連峰の固有種・イイデリンドウ( var. robusta )が知られる。本種よりも大きく、花冠の副片が立ち、萼裂片の先は平開しないなどの違いがある。




会津駒ヶ岳に群れ咲くミヤマリンドウ。



花冠裂片の間に副片があり、副片の先には切れ込みが入る。大雪山系・旭岳。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記