<<前のページ | 次のページ>>
屋久島の固有種
ヤクシマアザミ
キク科
Cirsium yakushimense
…………………………………………………………………………………………………

 キク科アザミ属の多年草。屋久島の固有種。標高1000メートル以上の高地の草地や林縁に生える。高さ30〜70センチ。葉は披針形で羽状に深裂し、鋭い刺がある。
 8〜11月に咲く頭花は、点頭せずに斜上または直立する。総苞は狭筒形で粘らないが、少し粘ることもある。総苞片は7〜8列で開出しクモ毛をまとう。果実はそう果で長さ約4ミリ。冠毛は10ミリ前後。




宮之浦岳登山道で見かけたヤクシマアザミ。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記