<<前のページ | 次のページ>>
こう見えてミカン科の草本
マツカゼソウ
ミカン科
Boenninghausenia albiflora var. japonica
…………………………………………………………………………………………………

 ミカン科マツカゼソウ属の多年草。本州宮城県以南、四国、九州に分布。山地の林内や林縁などに生える。漢字では「松風草」。高さ50〜80センチになり、葉は互生する3回3出複葉で、ミカン科らしく油点がある。
 8〜10月、枝先に集散花序を出し、多数の小さな白色花をつける。花弁は4個。雄しべは6〜8個。




真夏の山林内にひっそりと咲くマツカゼソウ。島根県江津市。



葉は3回3出複葉。質は薄く油点がある。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記