<<前のページ | 次のページ>>
常緑なので常磐…
トキワイカリソウ
メギ科
Epimedium sempervirens
…………………………………………………………………………………………………

  メギ科イカリソウ属の多年草。常緑であることから「常磐碇草」。別名・オオイカリソウとも呼ばれる。本州(東北地方〜山陰地方の日本海側)に分布。山地や丘陵の林内に生える。高さ30〜50センチ。葉は2回3出複葉で、小葉は左右非対称の卵形。先は尾状にとがり、縁には刺毛がある。
 4〜5月、直径3〜4センチの白色〜紅紫色の花を付ける。4個の花弁の先は長い距となる。花弁状の萼片は4個の大きな内萼片と早落性の4個の外萼片からなる。

関連情報→本サイト植物記「イカリソウ」「オオバイカイカリソウ」「バイカイカリソウ



日本海側の多雪地に分布する。石川県輪島市・猿山。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記