<<前のページ | 次のページ>>
一見、スミレ似の食虫植物
ムシトリスミレ
タヌキモ科
Pinguicula vulgaris
…………………………………………………………………………………………………

 スミレに似た花を付けるので、名前に「スミレ」が用いられているが、スミレのなかまではなく、タヌキモ科の多年生食虫植物である。北海道、中部地方以北の本州、四国の山地の湿った岩壁や草地に生える。
 根元に数枚の葉がロゼット状に広がり、葉の表面にはびっしりと腺毛があり、粘液を分泌して虫を捕られ養分を吸収する。紫色の花は、花茎の先に1個付き、花冠の喉には腺毛が生える。花期は7〜8月。
 本種の変種に三重県・台高山脈で発見され、1997年に報告されたイイタカムシトリスミレ( P. vulgaris var. floribunda )があるほか、同属のなかまとして栃木県日光市の庚申山や雲竜渓谷などに分布するコウシンソウ( P. ramosa )がある。

関連情報→本サイト植物記「食虫植物」「コウシンソウ



花は、後に距まであってスミレによく似ているが、スミレのように5個の花弁から構成されているわけではなく、ひとつの花冠が切れ込んでいるだけである。長野県小諸市・黒斑山。


横から見た花。後には細長い距が突き出す。北海道夕張市・夕張岳。


粘液が分泌され、虫が数匹捕獲された葉。縁がめくれ上がっているのは、粘液で十分に捕まえられなかった虫が逃げにくいようにとか、あるいは養分を吸収中の虫の死体が、雨で流れ落ちないようにという意味でもあるのだろうか。北アルプス・八方尾根。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記