<<前のページ | 次のページ>>
鳥のホトトギスにちなむ命名
トケンラン
ラン科
Cremastra unguiculata
…………………………………………………………………………………………………

 ラン科サイハイラン属の多年草。漢字では「杜鵑蘭」。葉裏の紫色をした斑紋がホトトギスの胸の斑紋に似ることから、杜鵑を訓読みの「ホトトギス」ではなく、音読みで「トケン」とした命名である。
 北海道〜四国の深山の林下に生え、葉は長さ15センチほどで2個付く。5〜6月に総状花序を出し、直径3センチほどの花を疎らに付ける。淡褐色を帯びた黄色い花で、花弁も萼片も細長い線状で、紫色の斑紋がある。唇弁だけは真っ白い。
 今回、参考にしようと手元の野草図鑑数冊を開いてみたが、意外と載っておらず、専門的な分厚い図鑑にしか掲載されていなかった。ネット検索すると、個人サイトが多数ヒットするにも関わらず…である。



こんな場所にあるとは想像もしなかった。一直線に並んでいるのは、地下茎でつながっているから。


繊細な花には、わずかな芳香がある。花序(上)と花(下)のアップ。




  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記