Nature
  
 CONTENTS 
 
   
 

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
津軽富士・岩木山の固有変種
ミチノクコザクラ

サクラソウ科
Primula cuneifolia 
var. heterodonta
…………………………………………………………………………………………………

 サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、エゾコザクラの変種。津軽の名峰・岩木山山頂部の雪田草原だけに生える岩木山の固有変種である。6〜7月、雪解け跡に鮮やかな紅紫色の花を咲かせる姿は実に美しい。葉は長さ2〜6センチで、縁には鈍い鋸歯がある。
 
 岩木山は八合目まで津軽岩木スカイラインが通じており、さらにリフトに乗れば、自生地の種蒔苗代まではわずか20分。小さな池の周囲は雪田草原となり、ここにミチノクコザクラが群生する。私はこの花を見に2度、岩木山に登ったが、いずれも見事な群生を堪能した。また機会があれば会いに行きたいものである。

関連情報→本サイト植物記「エゾコザクラ」「ハクサンコザクラ



岩木山・種蒔苗代に群れ咲くミチノクコザクラ。本種に限らず、サクラソウのなかまは、何度見ても飽きない美しさである


同じく種蒔田代に咲くミチノクミザクラ。本種に限らず、サクラソウのなかまは、たとえようのない美しさがある。