<<前のページ | 次のページ>>
雪田草原を鮮やかに染める
ハクサンコザクラ

サクラソウ科

Primula cuneifolia
 
var. hakusanensis
…………………………………………………………………………………………………

 飯豊連峰や谷川連峰、北アルプス北部、白山などに咲くサクラソウ科サクラソウ属の多年草。雪田草原や湿地帯などに生え、6月下旬〜7月下旬に鮮やかな紅紫色の花を付ける。葉には9〜25個の鋸歯がある。名前はもちろん「白山」に因む。
 高山性のサクラソウのなかまでは、一番見かける機会が多い。もちろん私の場合だが、首都圏の登山者なら同じだろう。ハクサンコザクラの見られる山としては、会津駒ヶ岳、火打山、白山などがあり、一昨年(2009年)訪れた平標山〜仙ノ倉山間の稜線には多かった。

関連情報→本サイト植物記「エゾコザクラ」「ミチノクコザクラ



火打山・天狗の庭に咲くハクサンコザクラ。この年はこれくらいだったが、当たり年にはびっしりと覆うこともあるようだ



ハクサンコザクラ。(左)。花のアップ(下)。どちらも新潟県・平標山〜仙ノ倉山間の稜線で



  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記