Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
うっかりすると踏みつけそうなほど小さな花
コイチヨウラン
ラン科
Ephippianthus schmidtii
…………………………………………………………………………………………………

 コイチヨウランは漢字で書けば「小一葉蘭」。長さ2〜3センチの葉を一枚だけつけるので、この名前がある。ちなみにコイチョウランじゃないので念のため。高さは10〜20センチのひょろっとした花茎の先に径1センチに満たない淡黄色の花を咲かせる。
 四国と本州中部地方以北に分布し、亜高山の樹林に生える。私は山で何度か見ているが、東北地方の某山では、登山道沿いに点々と咲いていた。ただ小さいだけに撮影が大変。カメラを地面スレスレにセッティングして何とか撮影した。

関連情報→本サイト植物記『イチヨウラン



よく見ると唇弁には紅紫色の斑紋がある。

NEW

花のアップ。唇弁には赤紫色の斑紋がある。長野県木曽町・御嶽山中腹。

NEW

葉は1個だけ付き、長さ2〜3センチの広卵形。長野県木曽町・御嶽山中腹。


  
 CONTENTS