<<前のページ | 次のページ>>
葉が1枚だけなので「一葉蘭」
イチヨウラン
ラン科
Dactylostalix ringens
…………………………………………………………………………………………………

  深山の林床に生えるラン科イチヨウラン属の多年草。うっかり「イチョウラン」と間違えそうだが、葉を1枚しか出さないので「一葉蘭」である。高さ10〜20センチの花茎を出し、先端に花を1個付ける。背萼片、側花弁、側萼片は黄緑色で、紫色の斑紋がある。白色の唇弁は3裂し、やはり紫色の斑紋がある。
 
 写真は、某県某所のスギ林に咲くイチヨウラン。少し時期が過ぎていたので、期待半分で訪ねてみると、まだ花は咲いていた。しかも、さらに幸運なことに写真のような3連のイチヨウランも迎えてくれた。周辺にも3〜4株あったほか、近くの林道沿い斜面にも同じくらい生えていた。小さな植物なのに言葉ではいい表せないオーラがあって夢中で撮影した。

関連情報→本サイト植物記「コイチヨウラン



幸運が重なって出会えた3連のイチヨウラン。この気高い姿に惹かれない人はいまい。


紫色の斑紋には個体差があり、斑点が点々と散るだけということもあるようだ。


たった1枚だけ付く葉は、長さ3〜6センチ。それにしてもイチヨウランは、進化の過程でなぜ1枚だけという選択をしたのだろうか。

  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記