<<前のページ | 次のページ>>
チシマフウロの淡色品種
トカチフウロ
フウロソウ科
Geranium erianthum f. pallescens
…………………………………………………………………………………………………

 フウロソウ科フウロソウ属の多年草。チシマフウロの品種で、花色が淡いのが特徴。母種が北海道や東北地方に分布するのに対して、本種は北海道の中央高地に分布する。
 写真は20年前にニセコアンヌプリで撮影し、その時点ではチシマフウロと同定したが、最近、たまたま調べ直してトカチフウロだと気づいた。これまで膨大な植物写真を撮っているので細かい内容まで覚えてないし、昔のポジ写真はスキャナーに通してデジタル化してあるとはいえ、それでも「過去に撮影した植物写真をざっと見るだけでも大作業」な域に達しており、今後もこんな「新しい発掘」がまだまだあると思う。

関連情報→本サイト植物記「チシマフウロ



紅紫色のチシマフウロに対して、かなり色が薄く白に近いトカチフウロ。北海道・ニセコアンヌプリ。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記