<<前のページ | 次のページ>>
落葉低木・ヤマブキの花色に因む
ヤマブキソウ
ケシ科
Hylomecon japonica
…………………………………………………………………………………………………

 ケシ科ヤマブキソウ属の多年草。本州、四国、九州の山野の林内に生える。名前は花の色がバラ科の落葉低木・ヤマブキのそれに似ていることから。高さ30〜40センチ。根生葉は、長い柄をもつ奇数羽状複葉。小葉には不揃いの鋸歯と切れ込みがある。茎の上部には数個の茎葉がある。
 4〜6月に上部の葉腋に直径約4センチの黄色い花を付ける。花弁は4個。雄しべは多数。柱頭は2裂する。果実は刮ハ。




群馬県桐生市・鳴神山登山道に咲くヤマブキソウ(上・下とも)。





  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記