<<前のページ | 次のページ>>
キツネノカミソリより大型の変種
オオキツネノカミソリ
ヒガンバナ科
Lycoris sanguinea var. kiushiana
…………………………………………………………………………………………………

  ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。本州の関東地方以西と九州に分布する。キツネノカミソリと見た目はほぼ同じだが、花や葉がより大きく、花から雄しべが突き出るのが本種の特徴。キツネノカミソリと同様に有毒植物だ。

 九州の山には大きな群生地があり、福岡県糸島市の井原山や長崎県大村市の多良岳などが有名。写真は、愛知県豊田市・大栗山の群生地で撮影したオオキツネノカミソリだが、ここは厳密にいうと自生ではなく、その昔、付近に住んでいた木地師が植えたものらしい。しかし今では見事な群生地になり、花期にあたる8月中旬には、山の斜面が橙色に染まり、多くの人が訪れるまでになった。

関連情報→本サイト植物記「キツネノカミソリ」・本サイトにっぽん全国花めぐり「大栗山



花から突き出る雄しべに注目。愛知県豊田市・大栗山。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記