Nature
  
 CONTENTS 
 
   
 

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
葉に隠れるように咲く恥ずかしがり屋
ハガクレツリフネ
ツリフネソウ科
Impatiens hypophylla
…………………………………………………………………………………………………

 初秋のころ山野の渓流沿いや湿地などで鮮やかな紅紫色の花を咲かせるツリフネソウのなかまに、ハガクレツリフネがある。名前の通り花が葉の下につき、まるで葉に隠れているよう。本来、花が鮮やかで目立つのも訪花昆虫へのアピールのはずだが、ハガクレツリフネの花は、なぜか自己アピールよりもはずかしさが先に立つらしい(笑)。
 だが、それにしても進化の過程で、どうしてわざわざ目に付きにくい形態を選んだのだろうか。ひとついえるのは、花は人間の目線で上から見下ろすと隠れるが、昆虫の目線では必ずしも隠れないということか。それならハガクレツリフネが、偶然こうした形態を選択しても、絶滅せずに種として存続してきた理由もわかる。

 紀伊半島、四国、九州に分布するソハヤキ要素の植物。なお、岐阜県西部〜長野県南部〜愛知県東部〜静岡県西部一帯では、本種の変種・エンシュウツリフネを産す。やはり花は葉の下に隠れるようにつくが、花が小さく、花弁に斑点が少ない違いがある。



愛媛県・石鎚山で見たハガクレツリフネ


花のアップ。濃い斑点がある。花の上に左右に開いているのは萼片。愛媛県東温市・皿ヶ嶺。


花を横から見た写真。距は内側に曲がるが、ツリフネソウのように巻き込まない。愛媛県東温市・皿ヶ嶺。