Nature
  
 CONTENTS 
 
   
 

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>

襟裳岬の草地にポツポツ咲いていたチシマセンブリ。風衝草原なので、どの株も小さかった

小さな青い花が清楚な…
チシマセンブリ

リンドウ科
Swertia tetrapetala
……………………………………………………

 北海道に分布し、海岸の草原などに生えるリンドウ科センブリ属の越年草。高さは10〜20センチ。葉は三角状披針形で対生する。7〜8月に直径1センチほどの青色の花を咲かせる。花冠は4裂し、裂片内には濃青紫色の斑点と腺溝があり、腺溝の左右には白い毛が2列になって並ぶ。
 本州北部〜中部の高山に生えるタカネセンブリ( S. tetrapetala subsp. micrantha )の母種にあたるが、本種を変種とする見解もある。
 写真は、襟裳岬で見かけたチシマセンブリ。道から少し距離があったので、思うように近づけず、望遠レンズで撮影した上でトリミングした。

関連情報→植物記「センブリ