Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
  
 CONTENTS 
 
   
 
<<前のページ | 次のページ>>
花の色は違うが、トリカブトのなかま
オオレイジンソウ

キンポウゲ科
Aconitum gigas 
var. hondoense
…………………………………………………………………………………………………

 中部地方以北の本州と北海道の山地帯〜亜高山帯に分布するキンポウゲ科トリカブト属の多年草。林内の草地に生え、茎は高さ1メートルほどに直立する。根生葉は腎円形で7〜9裂し、茎葉は上にいくほど小さくなる。7〜8月に総状花序に長さ3センチの淡黄色の花を多数つけ、花柄には屈毛がある。母種はエゾノレイジンソウ。
 右下写真は標高1500メートルほどしかない長野県木島平村のカヤの平で見かけたオオレイジンソウ。分布域を亜高山帯〜高山帯とする図鑑もあるが、ここカヤの平をはじめ尾瀬の山の鼻など、山地帯でも時折見かける。

関連情報→本サイト植物記「トリカブトのなかま



北アルプス・栂池自然園に咲くオオレイジンソウ。


長野県木島平村・カヤの平の登山道沿いで見かけた群生(左)と花のアップ(右)。こうして拡大してみれば、トリカブトのなかまであることがよくわかる。