Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

  
 CONTENTS 
 
   
 
植物記
<<前のページ | 次のページ>>
ありきたりの雑草?
タチキランソウ

シソ科
Ajuga makinoi

…………………………………………………………………………………………………

 キランソウといえば、道端や土手など身近な環境に生える雑草であることから、タチキランソウも似たような植物だろうと勘違いされそうだが、そうではない。シソ科キランソウ属の多年草で、関東地方西南部から東海地方の山野に生え、キランソウに似ているが、茎は斜めに立ち上がるのでこの名前がある。
 花もキランソウそっくりの紫色だが、下唇基部がキランソウのように白くないことや、上唇が発達して、はっきり2裂する違いがある。花期は4〜6月。
 天竜川上流の岩岳山に登ったとき、台風で荒れた岩場にへばり着くように本種が生えていた。キランソウではなく別種というのはすぐにわかったが、その場では思い浮かぶ名前はなかった。帰宅して調べて、本種と判明した。

関連情報→本サイト植物記「キランソウ



岩岳山、標高約900m付近の岩場に生えるタチキランソウ。確かに花はキランソウに似ているが、その草姿も生育する環境もかなり異なる。