Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
ツリガネニンジンの高山型
ハクサンシャジン

キキョウ科
Adenophora triphylla 
var. japonica
…………………………………………………………………………………………………

 北海道と本州中部地方以北の亜高山帯や高山帯の草原に生えるキキョウ科ツリガネニンジン属の多年草。日本固有種。葉は数個が輪生し、高さ20〜50センチ。花も数個が輪生し、それが2〜3段つく。花冠は長さ約1.5センチで、萼片は線形。花期は7〜8月。

 タカネツリガネニンジンという別名もある通り、山野に咲くツリガネニンジンの高山型で、区別しにくい個体もある。もうかなり前のことだが、長野県のある山で見かけた個体がツリガネニンジンかハクサンシャジンか、随分迷ったことがある。確かに両者の変異は連続していることからハクサンシャジンという変種として分けない見解もあるようだ。



北アルプス・八方尾根の砂礫地で涼しげな花を付けたハクサンシャジン。


  
 CONTENTS