Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ 次のページ>>
地べたに紫色の花を咲かせる春の野草
キランソウ

シソ科
Ajuga decumbens
…………………………………………………………………………………………………

 キランソウ。ソウは当然「草」だろうげと「キラン」って一体全体なんのことだ? そう訝しがる人も多いかもしれない。漢字では「金瘡小草」と書くのだが、これは漢名から来た名前。ロゼット状の根生葉があり、地面に丸く広がる様子から「地獄の釜の蓋」なんて別名もある。

 シソ科キランソウ属の多年草で、道端や庭などに生える。全体に縮れた毛で覆われ、地面にへばりつくように広がり、3〜5月、葉のわきに長さ1センチほどの濃紫色の唇形花をつける。シソ科の植物は茎の断面が四角形をしていることが多いが、本種は珍しく丸い。

 キランソウは、私の実家の庭にも多い。見慣れてしまって、花が咲いていても気にもとめないが、時々ふとその存在が気になって、しげしげと見ることも。地べたにへばりついているので存在感は今ひとつだが、改めて見直すと花の色合いは結構きれいだ。

関連情報→本サイト植物記「タチキランソウ



広島の実家に咲くキランソウ(上・中・下とも)。





竹林林縁のキランソウは、ランナーを四方にのばして、一見、草姿が違って見える。



花のアップ


  
 CONTENTS