Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

  
 CONTENTS 
 
   
 
植物記
<<前のページ | 次のページ>>

花序はコンパクトな散房状で、上萼片は円錐状。また茎葉は中裂する

和賀山塊に由来する
ワガトリカブト

キンポウゲ科
Aconitum okuyamae 
var. wagaense
……………………………………………………

 和賀山塊・羽後朝日岳山頂付近の風衝草原で見い出され、1999年にウゼントリカブトの陽地型新変種として発表された。『和賀山塊の自然』(和賀山塊自然学術調査会)によると、ウゼントリカブトと比べて上萼片の形は同じだが、本種は茎が直立し、花数が少なく、花序がコンパクトであり、茎葉の質が厚いという違いがあるとのことだ。その後、蔵王連峰の不忘山でも見つかり、広い範囲に生育する可能性も指摘されている。
 写真は、2003年9月初旬にその不忘山で撮影したワガトリカブトである。

関連情報→本サイト植物記「トリカブトのなかま