<<前のページ | 次のページ>>
さわやかなブルーの花
エゾアジサイ

ユキノシタ科
Hydrangea
 serrata 
var. megacarpa
…………………………………………………………………………………………………

 青色の花が、なんとも印象的なアジサイのなかま。名前に「エゾ」とあるが、北海道だけでなく、本州の日本海側にも分布する。ユキノシタ科アジサイ属の落葉低木で、山地に生える。葉は長さ10〜15センチで、先端は鋭く尖り、縁には鋸歯がある。6〜8月に直径10〜15センチの散房花序をつける。中心に集まる両性花のまわりに直径3〜4センチの淡青色〜青色の装飾花が取り囲む。
 長野県北部や新潟県の山では、普通に目にするので、珍しくはないが、さわやかなブルーの花には、ついついカメラを向けたくなる。

関連情報→本サイト植物記「ヤマアジサイ



花期のエゾアジサイ/新潟県柏崎市・刈羽黒姫山


先が鋭くとがる葉/新潟県柏崎市・刈羽黒姫山


ブルーの装飾花が目立つエゾアジサイの花。中心が両性花/新潟県柏崎市・刈羽黒姫山

  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記