Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
木の根に寄生する植物
ヤマウツボ

ゴマノハグサ科

Lathraea japonica

…………………………………………………………………………………………………

 前項に続き、先月末に東京都檜原村の山中で見た植物をもう一種紹介。山頂に立ち、マイナーコースで下っている途中、木の根元にニョキニョキと白いものが林立しているのに気づいた。本項でも一度取り上げているヤマウツボだ。植物記・寄生植物のページに掲載した写真は、栃木県那須塩原市の塩原渓谷で何年か前に撮影したものだが、渓谷遊歩道沿いに気持ち悪いほどに群生していた。それに比べれば、今回は少ないが、それでもどことなく異様な雰囲気を漂わせている。
 関東地方以西の本州〜九州に分布するゴマノハグサ科ヤマウツボ属の多年草で、湿っぽい落葉樹林に生える。木の根から養分を吸収して生育する寄生植物で、葉緑体をもたない。高さは10〜30センチ。花期は5〜7月。



群生するヤマウツボ。どう見ても「ニョキ、ニョキ」と表現するしかないでしょ/東京都檜原村。



筒状の花冠を総状につける。名前は、花序の様子を矢を入れる靫に見立てたものだ/東京都檜原村。


  
 CONTENTS