Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
静御前に因む名前
フタリシズカ

センリョウ科
Chioranthus serratus

…………………………………………………………………………………………………

 花序が1個しか出ないヒトリシズカに対して、花序が対になって出るのでフタリシズカだが、花序は2個のことが多いというだけで、1〜5個と幅があるようだ。どちらもセンリョウ科センリョウ属の多年草で、花期は本種の方がやや遅れて5〜6月頃。名前は、源義経の愛妾だった静御前の舞姿に見立てたものである。
 北海道から九州にかけて山野の林内に分布し、見かける機会も多い。葉は一見すると輪生しているようにも見えるが、少し間をあけて対生する葉が2対付いている。またヒトリシズカでは長くのびる花糸が目立つが、本種は内向きに雌しべを包むような形をしており、まるで米粒のようだ。
 前項にひき続き、本種も山梨県北杜市の尾白川渓谷で撮影した写真で構成。渓谷の遊歩道に結構な数が群生していた。


関連情報→本サイト植物記「ヒトリシズカ



ここのフタリシズカは、花序2個がほとんどで、一部3個のものも見られた。山梨県北杜市・尾白川渓谷。



まさに「米粒」みたいな花。山梨県北杜市・尾白川渓谷。

  
 CONTENTS