Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ 次のページ>>
山野に咲く金色の花
キンラン

ラン科
Cephalanthera falcata
…………………………………………………………………………………………………

 キンランはラン科キンラン属の多年草。本州〜九州の山野の林内に生え、5〜6月頃に黄色い花を半開する。高さは40〜70センチほどで、広披針形の葉の基部は茎を抱く。黄色い花を金色にたとえて「金蘭」。確かに白い花をつける同属のギンランやササバギンランと比べると、鮮やかな黄色い花は林の中で目立つ。
 キンランはあるところにはあるようだが、ギンランやササバギンランに比べれば目にする機会は少ない。特に私は、どうも縁がないようで、偶然見かけたことも少ない。しかも昨年、ある人に教えてもらった場所に行ってみると、気温が低かったせいか時期が遅かったせいか、理由は不明だが、花は閉じて撮影できず、改めて縁のなさを実感。今年、別の場所に案内してもらって、ようやく見事なキンランに遭遇することが叶った次第である。

関連情報→本サイト植物記「ギンラン












  
 CONTENTS