Nature
 
 CONTENTS 
 
   
 

山で出会った動物について話題や体験談を紹介します。ここでは昆虫類や両生類なども含めて動物全般を広く扱います。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

動物記
<<前のページ 次のページ>>
高山帯の人気者
オコジョ(ホンドオコジョ)
Mustela erminea nippon
………………………………………………………………………………………………

 オコジョは、イタチのなかまで、北海道にエゾオコジョ、本州中部以北にホンドオコジョが分布する。どちらも高山帯を生息地とし、登山者の人気も高い。その愛嬌のある容姿から性質も温厚そうに思えるが、実際は見かけに反して獰猛な肉食動物で、ネズミや自分よりも大きなライチョウを襲って捕食する。

 私が初めてオコジョを見たのは大学生の時、場所は西穂の稜線。すばしっこい動きに加えてマニュアルフォーカスカメラでは何とか撮影するのがやっとだった。その後も何度か目撃はしているが、なかなかじっくり出会える機会がなかった。
 先日、久しぶりにオコジョに遭遇。場所は立山の獅子ヶ鼻平でのこと。取材のため室堂から一ノ谷に向けて下る途中、ザックを下ろして湿原の池塘をカメラに収めた。撮影を終えザックのそばに屈むと、木道の隙間からオコジョが突然、顔を出した。そこは手が届くほどの距離で、不思議そうな顔をして私を見つめたあと、木道に隠れてしまったが、それも束の間。すぐに別のところから現れ、やはりじ〜っと私を見る。また隠れたかと思うと、今度は木道の反対側から現れる…。そんなことを何度も繰り返し、時には「キイッ」という鋭くて短い鳴き声を上げたり、数メートル先からダッシュして私の方に近づき、手前でサッと曲がって木道の下に潜り込むような行動も見られた。警戒しているというよりも好奇心いっぱいで、じゃれているようにも感じられた。時間にして10分ほどだろうか。オコジョとの出会いを楽しみ、その間、約60カットの写真を撮影できた。
 9月上旬の立山は、紅葉にも早く、まだ夏の風景だったが、しかし湿原は少し黄色く色づき、立山黒部アルペンルートもハイシーズン中に比べれば人出は少なかった。室堂から下る道すがら出会った登山者は数人のみで、それも遭遇のための好条件になったのかもしれない。
 獅子ヶ鼻平のオコジョくん。姿を見せてくれてありがとう。君のお陰で、とても充実した山旅になった気がするよ。
 

関連情報→本サイト動物記「ニホンイイズナ(キタイイズナ)」 




「おや〜、変な動物がいるぞ。君はだれ?どこから来たの?ここはボクのテリトリーだけど、遊んでくれるのならいてもいいよ」。そういいたげな表情で私を見つめる立山・獅子ヶ鼻平のオコジョ。つぶらな瞳と愛くるしい顔。見れば見るほど、まるで「ぬいぐるみ」。獰猛な肉食獣ということを忘れてしまいそうだ。

     
オコジョは真正面から見るとかわいいけど、横から見るとネズミと大して変わらないんだよね。でも立ち姿は、ネズミとはひと味もふた味も違って、実にユーモラス。「下界じゃ、レッサーパンダとかっていう奴らの立ち姿が人気らしいけど、ほらボクだってちゃんと立てるんだよ。どう?すごいでしょ」って、きっと思ってるぜ。あのね〜、きれいな立ち姿は誉めてあげるけど、そのユーレイみたいな手は、何とかしてよ(笑)

   
@あの変な動物の正体を見極めてやる!! クンクン。Aう〜ん、ボクの嗅覚をしても正体がわからんぞ。よ〜し、とりあえずダッシュでもしてみるか。えいっ、オコジョダッシュ!! どう?素早い動きについていけないでしょ。Bこうなったら、じっくり観察してやろう。じ〜っ。Cやっぱ、わからん。じゃあ、もう一度ダッシュ!! えっ、尻尾の先が黒いの気づいた? なかなかオシャレでしょ。自分でも気に入ってるんだ

  
Dついでにそれっ、ジャンプ!! Eそうだ。この隙間に隠れて、あいつを観察しよっと。Fここは頭だけ出して観察するのに手頃だな〜。じ〜っ。でも、何だか飽きてきたよ。あんな奴ほっといて、そろそろ餌場に行こうかな〜