Nature

山で出会った動物について話題や体験談を紹介します。ここでは昆虫類や両生類なども含めて動物全般を広く扱います。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

動物記
<<前のページ 次のページ>>
冬、実家の周辺にやってくる
ジョウビタキ
Phoenicurus auroreus
………………………………………………………………………………………………

 以前、本項動物記「わが家の動物誌」でも書いたジョウビタキ。例年、秋にやってきて翌春まで庭やその周辺で姿を見かける。羽にはまるで紋付を着ているような模様があり、特にオスの胴は鮮やかなオレンジ色をしており目立つ野鳥だ。だから私に限らずジョウビタキのファンは多いんじゃないかな。
 警戒心が強いかと思うと意外とそうでもない。結構、近づいても逃げなかったりする。今日も庭にやってきて、しきりに尻尾を振っていたので、そっと近づいて望遠レンズで撮影したのが、下の写真。100〜300mmの望遠レンズに1.4倍のテレコンを付けて撮影したが、やはり野鳥の撮影ではもう少し長いレンズがほしいなぁ。


 
オレンジ色が美しいジョウビタキ


その後、購入した50〜500mmのレンズで撮影したジョウビタキ。(上2点は♂。下は♀)







カラスか何かに攻撃されたのか、不自然な状態で羽が取れかけていた個体。


鹿児島県肝付町・辺塚海岸で見かけた♀

 
 CONTENTS