<<前のページ | 次のページ>>

何だ?コレ20 岐阜県下呂市

撮影年月日:2018年8月29日

 8月下旬、岐阜県下呂市の自然度が高い山林内で見かけたキノコ(菌類の子実体)である。見た瞬間、変わったキノコだな…とは思った。しかし、家に帰って詳しい図鑑で調べれば、名前はすぐにわかるだろう。似たようなキノコを図鑑で見たような気もしたからだ。

 ところが帰宅して、分厚い日本産キノコ図鑑を最初から最後までめくってみたが、同一種と思われる種類どころか、似た種類さえも見つけられなかった。無理していえば、エゾハリタケとかブナハリタケくらいが、近いといえば近そうだが、両種と比較しても結構な差異がある。

 何より変わっているのは、乳白色をしたブラシのような傘の方ではない。土台状部分の方である。このキノコには、傘とは別に茶褐色をした「柄」と呼ぶにも相当な違和感がある土台状部分があり、どうも時間経過とともに変色・変質した老菌のようなのだが、ブラシのような傘には一切ない多数の刺(毛?)が密生しており、一見、両者は異質に見える。もしかすると、この部分はキノコとは別種で、例えば変色した蘚苔類だったりするのかもしれない…とも思ったが、撮影した写真を細かく見ると、明らかに蘚苔類ではなく、傘と土台状部分は連続した同じ菌類ということがわかる。

 大きさは幅4〜6センチほど。鼻を近づけると、いかにも食用にできそうな香りのいいキノコ臭がした。付近には、もっと大きな同種のキノコ(やはり土台部分あり)や、同じく同定できなかった種名不明のゼラチン状のキノコもあった。

 図鑑に載っているキノコなんて、ごく一部に過ぎないのはいうまでもないが、こんなに奇妙な形態のキノコって初めて見た。どなたか、同定できる方がおられれば、教えて頂けるとありがたいのだが。



蘚苔類に表面が覆われた倒木の切断面に生える奇妙な子実体(上)と、そのブラシ状部分の拡大(下)。下方から見上げるようにして撮影。






土台状部分の拡大。どう見ても蘚苔類ではない。矢印部分を見れば、傘と同じ乳白色をした刺があり、両者の中間形態ともいえ、連続した同種の菌類としか思えない(上と下写真とも)。老菌の塊になると刺が生えてくる…ということになるし、成菌と老菌がこんな形で混在するキノコなんてあるのだろうか。






同じ倒木に生えていたゼラチン状のキノコ。種名不明。



その傘裏面。ひだはなくて細かい突起に覆われている。


 CONTENTS 
 
   
 

Nature
山岳記