Nature
  
 CONTENTS 
 
   
 

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ 次のページ>>
花は笠をかぶった踊り子のよう
オドリコソウ

シソ科
Lamium album 
var. barbatum
………………………………………………………………………………………………

 オドリコソウは春の道端などに生える多年草。名前は花の形が、笠をかぶった踊り子のように見えることから。花は淡黄色のものが多いように思うが、淡い紅色をしたものも時々見かける。ところで唇形花の花は密に輪生するが、これは訪花昆虫へのオドリコソウなりの配慮なのだろうか。というのも花をバラバラにつけるよりも輪生して多数の花を並べる方が昆虫の活動が効率的になるからだ。本当のことはオドリコソウに聞いてみないとわからないが、より受粉の機会を増やすための戦略なのかもしれない。ただし専門家に確認したわけでもなく、あくまで私の想像に過ぎないので、引用しないように。



神奈川県伊勢原市にある川の土手に咲いていたオドリコソウ


花の断面。上唇の裏に見えるのが雄しべ。