<<前のページ | 次のページ>>
テンナンショウの中では同定しやすい
ヒトツバテンナンショウ
サトイモ科
Arisaema monophyllum
…………………………………………………………………………………………………

 サトイモ科テンナンショウ属の多年草。漢字では「一葉天南星」。本州の関東地方や中部地方などに分布する。7〜9個の小葉からなる葉を、名前の通りに通常は1個つける。仏炎苞内側に濃紫色をした八の字状の斑紋があるのが特徴。
 テンナンショウの同定は一部の種類を除き難しいものが多いが、この斑紋の特徴と分布域を覚えておけば、本種の同定は比較的容易だ。




栃木県日光市・庚申山で見かけたヒトツバテンナンショウ。仏炎苞の八の字状斑紋に注目。



葉の形や付き方、葉軸と葉柄の付き方。神奈川県南足柄市・夕日の滝。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記