<<前のページ | 次のページ>>
小さなユリなので稚児百合
チゴユリ
ユリ科
Disporum smilacinum
…………………………………………………………………………………………………

 ユリ科チゴユリ属の多年草。本州、四国、九州に分布。山野の落葉樹林内に生える。小さなユリなので「稚児百合」と名付けられた。高さは20〜30センチ。葉は長楕円形で、先はとがり、互生する。
 4〜5月、茎頂に直径約1.5センチの白色の花を1〜2個咲かせる。果実は黒く熟する液果。関東周辺の雑木林では、普通に見かける種類だが、佐賀県、長崎県、鹿児島県では各県のレッドリストに記載されている。




茎の先に白い花を咲かせたチゴユリ。群馬県桐生市・鳴神山。



ややジグザグに曲がる茎の先に1個の花。山梨県秋山村(現・上野原市)。



花のアップ。花被片と雄しべは6個。柱頭の先は3裂する。山梨県秋山村(現・上野原市)。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記