<<前のページ | 次のページ>>
名前は似てるが、サギソウのなかまではない
ヤマサギソウ
ラン科
Platanthera mandarinorum var. brachycentron
…………………………………………………………………………………………………

 ラン科ツレサギソウ属の多年草。日当たりのよい草地や湿地に生える。漢字では「山鷺草」。名前が似ているが、サギソウは別属。高さ20〜40センチ。葉は一番下の葉が最も大きく、ほかに鱗片葉が2〜5個付く。
 5〜7月、地味な黄緑色の花を10個前後付ける。側花弁はバンザイ状に立ち上がり、唇弁は細長く下垂する。距は下向きに湾曲し、長さ20ミリ以下。

 なお、距が20ミリ以上あるものをハシナガヤマサギソウ( var. mandarinorum )、距が跳ね上がるものをマイサギソウ( var. neglecta )という。




尾瀬沼で見かけたヤマサギソウ。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記