<<前のページ | 次のページ>>
いささか気の毒な名前…
ヨゴレネコノメ
ユキノシタ科
Chrysosplenium macrostemon var. atrandrum
…………………………………………………………………………………………………

 ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草。本州関東地方以西、四国、九州に分布。山地の渓流沿いなどの湿った場所に生える。イワボタンの変種。
 全体が緑色で葯が黄色のイワホダンに対して、本種はくすんだ色の葉の中に灰白色の斑紋が入り、葯は暗紅色。つまり、イワボタンに比べると、汚れたような色…ということで「汚れ猫の目」という名前が付けられたようだ。また萼裂片は、イワボタンが斜めに開くのに対して、本種のそれは直立するという違いもある。花期は4月。




ヨゴレネコノメの群生。東京都八王子市・高尾山。



くすんだ葉の色、暗紅色の葯…。独特の地味な色だが、全体を見ると、バランスが取れている。高尾山。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記