<<前のページ | 次のページ>>
北海道では普通に見られるハコベのなかま
エゾオオヤマハコベ
ナデシコ科
Stellaria radians
…………………………………………………………………………………………………

 ナデシコ科ハコベ属の多年草。北海道と本州の東北地方に分布。湿った草地や湿原などに生える。北海道では普通に見られる。漢字では「蝦夷大山繁縷」。高さ40〜80センチ。葉は披針形で対生する。6〜8月に集散花序を出し、直径約2センチの白色5弁花を付ける。花弁の縁は不規則に細裂する。



北海道浜頓別町・ベニヤ原生花園に咲くエゾオオヤマハコベ(上・下とも)。



花弁は、不規則に細かく裂ける。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記