<<前のページ | 次のページ>>
海岸の岩場に生える
イワタイゲキ
トウダイグサ科
Euphorbia jolkinii
…………………………………………………………………………………………………

 トウダイグサ科トウダイグサ属の多年草。漢字では「岩大戟」。本州の関東地方南部以南、四国、九州に分布。名前の通り海岸の岩場に生え、株立ち状に群生し高さ30〜50センチほどになる。太い茎にやや厚い葉がびっしりと互生し、4〜6月に茎頂にトウダイグサ科の植物らしい杯状花序を作る。

 写真は伊豆半島の逢ヶ浜で見かけたイワタイゲキ。隣の弓ヶ浜が砂浜なのに対して、逢ヶ浜は石や岩がゴロゴロし、その隙間に生えていた。こんな環境でも根を張り生長できるのもスゴイ能力といえないか。



逢ヶ浜の岩場に見事な株を作ったイワタイゲキ。



花序の拡大。撮影地は上と同じ。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記