<<前のページ | 次のページ>>
スズランとは縁もゆかりもない
エゾスズラン
ラン科
Epipactis papillosa
………………………………………………………………………………………………

 芳香がある白い花を咲かせるスズランはユリ科だが、エゾスズランはラン科。名前が似ているだけで、容姿は似ても似つかない。実は縁もゆかりもない植物なのだ。なかまのカキランにはスズランという別名があるので、本種には産地の北海道に因んでエゾスズランという名前がつけられただろう。紛らわしい話で、ユリ科のスズランには北海道に分布するなかまがあると勘違いする人がいるかもしれない。
 山地の林に生え、地味な緑色の花を多数つけるが、この写真の個体のようにやや紅色を帯びるものもあるようだ。



ラン科には本種のように地味な花をつける種類がいくつかある。しかし花はいくら地味でもラン科はラン科。撮影に力が入ってしまう。



  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature
植物記